Commentary
前の試合の悪い流れを払拭したいところだが初回から守備の乱れで失点してしまう。それでも先発渡辺は粘りのピッチングで相手打線を2点に抑え、味方の反撃を待つ。
すると、最終回投手の頑張りに打線が応える。四球、安打とチャンスを広げると足技も絡め相手のミスを誘い同点に追いつく!!押せ押せムードが高まる中4回から好リリーフを見せた松山がヒットで続く。が、反撃もここまで、惜しくも試合は引き分けに終わった。
3.11     貞花
>>> カレッジリーグ in 伊勢